DICTIONARY用語集
DICTIONARY

用語集

変動金利型ローン 

適用金利がその時点での市場金利に合わせて見直されるローン。住宅ローンの場合は半年毎に見直しが行われ、金利は短期プライムレートに連動するものと長期プライムレートに連動するものがある。金利の見直しが行われても、一般的に返済額は5年間固定される。6年目に返済額が見直されても、増額幅は25%以内とされているので、返済額については比較的家計の見通しも立てやすい。しかし、金利が大幅に上昇している場合には、返済額の中で金利の占める割合が多くなり、元本がなかなか減らないという状況も起こり得る。他の金利タイプのローンと比べると、一般的にその時点での金利は最も低くなるが、完済までの総支払額がいくらになるかわからない、という点で将来の貯蓄額などの予想が難しいというデメリットもある。 

アパートローンソムリエは様々な借り換えの疑問も解決します

 

アパートローンの借り換えでお悩みの方は当社に一度ご相談ください。
当社ではアパート経営者のローンのお悩みを解決するお手伝いをしております。
経営当初は調子が良かったが、最近資金繰りに苦労しているという方はぜひ当社のサービスをお受けください。
昨今の金利傾向からお客様の返済状況を調査し、金利の引き下げまたは返済額の減額を行うことができます。
アパートローンソムリエでご自分に合った借り換えプランを組み直してはいかがですか。
アパート経営が上手くいっている方のご連絡もぜひお待ちしております。